測定システム

自動化における位置決めの問題を解決するには、多くの場合、長さと角度をできるだけ正確に測定する必要があります。一般に、2つの異なる測定システムがあります。 

インクリメンタル測定システム 

インクリメンタルディスク インクリメンタル測定システムの原理は、ガラスまたはプラスチックディスク上のラインパターンのスキャンです(画像1を参照)。透過または非透過のラインパターンの状態は、光電子ユニットによって電子パルスに変換されます(たとえば、透過= 5V、非透過= 0V)。信号の分析は、各パルスでカウントアップまたはカウントダウンすることにより、評価ユニットで実行されます。現在のカウントはデジタル形式で保存され、すぐに評価に利用できます。

ただし、この方法にはいくつかの重大な欠点があります。信号のグリッチ、測定されないインパルスなどの問題により、結果が継続的に無効になる可能性があります。さらに、供給電圧が失われた後、合併症を治すことができる基準点に戻ることがしばしば必要です。 
これらの理由により、精度を重視するアプリケーションや、基準点に戻ることが複雑または不可能であるアプリケーションでは、絶対測定システムがよく使用されます。

絶対測定システム

absolutscheibe この測定システムを使用すると、測定範囲/角度のすべての位置が、ガラスまたはプラスチックのディスク上の明確なコードによって識別されます。このコードは、異なるトラック内の明るい領域と暗い領域の形でディスク上に表されます。この組み合わせは、絶対数値に関連しています。 
したがって、位置の値は常に直接利用でき、カウンターは必要ありません。 
さらに、干渉や電源電圧の損失によって引き起こされる無効な値を継続的に取得することはできません。 
システムの電源がオフのときに行われる動きは、システムの電源が投入された直後に測定されます。

構造エンコーダー 測定システムは、光源、精密ボールベアリング内で回転するコードディスク、および光電子走査デバイスで構成されています(画像3を参照)。
LEDは光源として使用され、コードディスクを透過して背後のスクリーンに照射されます。 
コードディスク上のトラックは、レチクルの後ろのオプトアレイによって評価されます。すべての位置で、レチクル内のスラッシュの別の組み合わせがコードディスクの暗いスポットで覆われ、フォトトランジスタの光ビームが遮断されます。これにより、ディスク上のコードが電子信号に変換されます。

光源の強度の変動は、追加のフォトトランジスタによって測定され、別の電子回路がこれらを補正します。 
電気信号が増幅および変換された後、評価に利用できます。

単回転

シングルターンエンコーダーは、シャフトの1回転、つまり360°の絶対位置を指定するエンコーダーです。 1回転すると測定範囲が完了し、最初から再開します。

マルチターン

原則マルチターン 線形システムは通常、シャフトの1回転以上を必要とします。
シングルターンエンコーダーは、ターン数の追加要件があるため、このタイプのアプリケーションには適していません。 
原理は比較的単純です。複数のシングルターンエンコーダーが減速機を使用して接続されています(左側の画像を参照)。 
最初のステージはターンごとの解像度を提供し、後ろのステージはターン数を提供します。
この例の合計ステップ数は、16 x 16 x 16 x 8192ステップ= 33.554.432ステップバイナリー111、1111、1111、1111111111111


シャフトの角度位置は、コードディスク上の明るいスポットと暗いスポットで表されます。ポジションをコーディングするにはさまざまな可能性があります。

バイナリコード
2状態コードは、累乗から2の底までの値を生成します。たとえば、数値10は次のように示されます。

1 x 233 + 0 x 222 + 1 x 211 + 0 x 20

対応する2進数は1010です。

コードはマルチステップコードです。つまり、ある位置から別の位置への変更により、数ビットのシフトが発生する可能性があります。コードのディスクでこのコードをスキャンすると、プロセスの許容誤差により、異なるトラックでの変更が同時に発生しないため、問題が発生します。結果として、無効な位置の値が与えられる可能性があります。
画像6はこの問題を明確にしています。位置7から位置8への変更。ビット23がビット20、21、または23の前に状態を変更した場合、すべてのビットが暗くなり、15の値が返されます。解決策は、たとえばグレーコードのワンステップコードです。

グレイコード
グレイコードは1ステップのコードです。つまり、1つの位置から次の位置に変化するのは1ビットだけです。 1つの位置からの転送は、不正確なスキャンによってわずかにシフトする可能性がありますが、これにより不正確な位置の値が与えられる可能性はありません。

グレイコードのもう一つの利点は、簡単な可逆性です。最上位ビットを反転することにより、カウント方向を簡単に変更できます。したがって、complement-entryを使用するだけで、反対方向を変更できます。

グレイコードの単一ビットには決定された値がないため、グレイコードはバイナリコードに変換する必要があります。これは、カスケードされたXORで構成されるコードコンバーターによって行われます。

255から256への移行–グレイコードでは1ビットのみ変更、バイナリコードでは9ビットのみ変更

ナチュラルバイナリ

グレイコード

255

011111111

010000000

256

100000000

11000000



グレー超過コード
「通常の」シングルステップグレイコードは、2の底の累乗として説明できる解像度で有効です。他の解像度の場合、グレイコードの組み合わせの範囲は、同心のトリミングによって制限されます。この範囲は0から始まりませんが、決められた値だけシフトされます。

評価の場合、元の解像度と削減された解像度の差の半分が、計算されたバイナリ値から差し引かれます。

角度決定の360度などの解像度は、このコードで実現されることがよくあります(両側で76ステップずつ切り取られたグレイコード9ビットは360ステップに相当します)。

位置のすべてのビットは、ビットごとに1つのラインを使用して同時に転送されます。データ送信は、プッシュプル回路の2つのトランジスタによって行われます。たとえば、PLCのデジタル入力を介して信号を評価できます。この方法のコードは直接送信されるため、灰色からバイナリコードへの変換は制御システムで行われる必要があります。

ビットパラレルインターフェイスは非常に高速で、低解像度の場合、データ伝送の可能性が低くなります。高解像度の場合、またはマシンのサイズが大きい場合、インストールコストが急速に上昇する可能性があるため、他のデータ転送方法の方が適しています。


関係ssi 複数の軸を自動化する必要がある機械(ロボットなど)の場合、特に高解像度が必要な場合、ビットパラレルインターフェイスを備えたロータリーエンコーダーのケーブル接続が問題になる可能性があります。

この問題の解決策は、同期シリアルインターフェイス(RS 485 / RS 422)です。同期シリアルインターフェイス(SSI)は、1本の6線ケーブルでデータ伝送を可能にします。

RS 485規格に適合するドライバは、最大10 Mbps / sの伝送速度と最大1200 mのライン長を可能にします。ほとんどのアプリケーションでは、これで十分です。最大伝送速度は伝送長に依存します。 


データ用のツイストペア線とクロック用のツイストペア線が1つずつ必要です。ロータリーエンコーダーの電源は、ビットパラレルインターフェイスと同じように、2本のワイヤーのみが必要です。

バランスの取れた伝送は、高いノイズ耐性を提供します。ライン上のクロストークは信号に影響を与えません。
ツイストペア線で十分です。ただし、シールドされたツイストペア線を使用すると、非常に高いノイズ耐性が実現されます。

伝染;感染
位置値は、最上位ビット(MSB)から制御システムのクロック信号に同期して送信されます。
動作していない場合、クロックとデータラインはHighです。クロックシーケンスのクロック信号が初めてLow(L)からHigh(H)に変化するとすぐに、パラレルのビットパラレルデータシリアルコンバーターは、内部SLoad信号を介してシフトレジスタの入力ラッチに格納されます。これにより、位置値の送信中にデータが変更されないことが保証されます。次のクロック信号の立ち上がりエッジ遷移で、送信は最上位ビット(MSB)から始まります。

クロック信号の後続の各立ち上がりエッジ遷移で、次の下位ビットがデータラインの出力に設定されます。最下位ビットがシフトアウトされた後、クロック信号の最後の立ち上がりエッジ遷移がデータラインをロー(送信終了)に切り替えます。

クロック信号の最後の立ち下がりエッジの後、再トリガー可能なモノフロップは、内部遅延時間tmで、次の送信用にロータリーエンコーダーまたは別のエンコーダーを選択できるようになるまでにかかる時間を決定します。これにより、2つの連続したクロックシーケンス間の最小許容ブレークタイムが決定されます。

トランスミッションSSI 位置値のシングル送信とマルチ送信には違いがあります。位置の値を送信するには、エンコーダのクロックエントリに決められた数nのクロックインパルスを配置する必要があります。
シングルトランスミッションの場合、この数はシングルターンモデルではn = 13、マルチターンモデルではn = 25です。

トランスミッションMT SSI クロックシーケンスを2倍または乗算すると、位置値の複数の送信が可能になります。クロックシーケンスに、マルチターンの場合はn + 1 = 26クロック、シングルターンの場合はn + 1 = 14クロックが含まれていることが非常に重要です。

26クロックシーケンスの最後のLowからHighへの遷移後、「L」信号がデータ出力に現れます。二重(または複数)の連続する位置の値は、この情報によって別の位置の値から分離されます。

90年代の初めから、バスシステム、特にProfibus、Interbus、CANbusなどのオープンフィールドバスシステムの使用が増加しています。従来の技術とは異なり、これらのシステムは経済的に興味深いものです。フィールドバスは経済的に有利であるだけでなく、非集中型ソリューションを組み込んだシステムコンセプトの計画に新たな次元を開く新しい技術でもあります。フィールドバスを使用すると、オートメーションコンポーネント(バスノード)間の通信が可能になります。

データ交換
バスシステムが異なれば、データの転送にも原理が異なります。最も重要なものは、次の段落で説明されています。

トークンを渡すマスタースレーブの原則:
データ通信はマスターによって制御されます。バスのスレーブは、マスターの要求に応じてのみ応答します。すべてのマスターは、スレーブとデータを交換するための決まった時間を持っています。したがって、バスサイクル時間は計算可能です。複数のマスターが利用可能な場合、バスのアクセス権はトークンの交換によって規制されます。トークンを受け取ったマスターは、バスにアクセスする独占的な権利を所有しています。

優先制御データ通信:
この方法では、各ユーザーが各時点でデータを送信できます。衝突を回避するため、または作成された衝突を解決するには、アービトレーションに責任のあるメカニズムが必要ですSense Multiple Access with Collision Detection)は、発生した衝突を解決します。

合計フレームワークプロトコルを備えたシフトレジスタ:
バスマスタは、各サイクルの出力データをすべてのスレーブに送信し、すべてのスレーブの入力データを応答として受信します。この手順の小さなデータ範囲は、高いログ効率によってバランスが取れます。バスサイクルタイムは計算可能です。

委任されたトークン:
中央バスアービターがデータ通信を調整します。特定のアルゴリズムに従って、トークンを個々のバスユーザーに配布します。ユーザーがトークンを所有している場合は、メッセージを送信できます。その後、トークンをアービターに返します。

バスシステムの選択
バスシステムの選択は、アプリケーションに大きく依存します。個々のシステムはメインアプリケーション用に最適化されています。したがって、ユニバーサルバスシステムは使用できません。次の技術基準は、バスシステムの選択に役立ちます。

–システム全体の可用性
–テストとインストールのサポート 
–診断の可能性
–保護されたデータ通信
- 反応時間
–フィールドバスの可用性
–コンポーネント

エンコーダは、すべての一般的なフィールドバスで使用できます。


Profibusバスは、(EN 50170に準拠した)構築、製造、およびプロセスオートメーション用の最初の国際的なオープンプロデューサーに依存しない標準フィールドバスでした。 3つの異なるバージョンがあります:Profibus FMS、Profibus PAおよびProfibus DP。 Profibus FMS(Fieldbus Message Specification)は、セルおよびフィールド領域でのオブジェクト指向のデータ交換に適しています。 Profibus PA(プロセスオートメーション)は、プロセス業界の要求を満たし、本質的に安全な領域と本質的に安全ではない領域に使用できます。 DPバージョン(分散型周辺機器)は、ビルディングおよび製造オートメーションの分野での高速データ交換用です。エンコーダはこの領域に最適です。

構造
profibusシステムは、1つ以上のマスターと1つ以上のスレーブで構成され、バスケーブルとバスプラグで接続されます。バスセグメントは、最大32のフィールドデバイスで構成されます。
さらに多くのデバイスが必要な場合は、リピーター(信号増幅器)を使用して、より多くのバスセグメントをリンクすることができます。各バスセグメントの終わりには、終端抵抗を使用する必要があります。マスターが操作できるスレーブの数は、マスターの内部メモリ構造に依存します。最大126のステーションが、プロフィバスシステムの最大構成に関与できます。マスターは通常、制御システムの接続モジュールとして、またはPCインターフェースカードとして実現されます。典型的なスレーブデバイスは、センサー、アクチュエーター、トランスデューサー、またはディスプレイエレメントです。

エンコーダは、プロフィバスシステムのスレーブとして動作します。

基本的な原則
ソフトウェア構成ツールを使用して、必要な構成およびパラメーターデータを含むネットワーク構造を含むデータベースが生成されます。マスターはこのデータベースにアクセスし、プロフィバスシステムの電源が投入されると、構成データを適切なユーザーに送信します。このデータが個々のユーザーによって受信および保存された後、システムは「データ交換」モードに変わります。 Profibusは、トークンを渡すマスタースレーブの原理に従って動作します。マスターはバストラフィックを調整します。マスターとスレーブ間の入力データの要求と出力データの書き込みは周期的に実行されます。複数のマスターが存在する場合、アクセス権はトークンの交換によって規制されます。

特徴

伝送技術

RS 485、2芯ケーブル

ボーレート

9.6 kBaudから12 MBaud

参加者

セグメントごとに最大32、リピーター付きのネットワークごとに126まで拡張可能モノおよびマルチマスターシステムが可能

コンジットの長さ

9.6 kBaudの場合は1200 m、1.5 MBaudの場合は200 m、12 Mbaudの場合は100 m

コンジットの長さ

参加者の数、伝送速度、入出力データの長さに依存しません。




Profibusインターフェイスを備えたエンコーダ
エンコーダーはスレーブとしてprofibusで動作します。提供されたGSDファイル(電子データシート)を使用することで、簡単な設定が可能です。構成の最初に、デバイス(エンコーダーを正確に識別する)のアドレスとデバイスクラスが決定されます。選択したデバイスクラスによって、エンコーダの仕様が決まります。
プロフェッショナルバスユーザー組織(PNO)では、クラス1およびクラス2と呼ばれる必須のエンコーダプロファイルについて説明しています。絶対ロータリーエンコーダクラス1はパラメータ化できません。ロータリエンコーダクラス2はパラメータ化できます。さらに、ロータリーエンコーダーにはメーカー固有の追加機能(速度出力など)があり、デバイスの構成中に選択できます。デバイスクラスの選択によって、入力データと出力データの長さも決まります。
デバイスクラスの選択が実行されると、適切なパラメーター(分解能、回転方向、ソフトウェアリミットスイッチなど)がデータベースに保存され、システムの起動時にロータリーエンコーダーに転送されます。データは、構成で決定された入力および出力アドレスを使用して、ロータリーエンコーダー(例:位置値)から読み取るか、エンコーダー(例:プリセット値)に書き込むことができます。ボーレートも構成で決定され、ロータリーエンコーダーによって自動的に検出されます。このシステムでは、これ以上の調整は必要ありません。

CANはController Area Networkの略で、自動車分野内のアプリケーション用にBosch社によって開発されました。その間、CANはますます産業用アプリケーションに使用されるようになりました。 CANはマルチマスタブルシステムです。つまり、バスが空いている限り、すべてのユーザーがいつでもバスにアクセスできます。

CANはアドレスではなく、メッセージ識別子で動作します。バスへのアクセスは、CSMA / CAの原則(衝突を回避するキャリアセンスマルチアクセス)に従って行われます。つまり、各ユーザーは、バスが空いているかどうかをリッスンし、空いている場合はメッセージの送信を許可されます。 2人のユーザーが同時にバスにアクセスしようとすると、優先度が最も高い(識別子が最も低い)ユーザーが送信許可を受け取ります。優先度の低いユーザーはデータ転送を中断し、バスが再び空くとバスにアクセスします。

すべての参加者がメッセージを受信できます。受け入れフィルターによって制御され、参加者は、それを対象としたメッセージのみを受け入れます。

ロータリーエンコーダーは、CANopenとDeviceNetの2つのCANプロトコルをサポートしています。

特徴

開けられる

伝送技術

2芯ケーブル

ボーレート

20 kBaudから最大1 MBaud

参加者

最大127

ケーブルの長さ

1 MBaudの場合は30 m、20 kBaudの場合は5000 m



DeviceNet

伝送技術

2芯ケーブル

ボーレート

マックス。 500 kBaud

参加者

最大64

ケーブルの長さ

500 kBaudで100 m



開けられる

データ通信はメッセージ電報を介して行われます。一般に、テレグラムはCOB-Identifierと後続の最大8バイトで分割できます。

メッセージの優先順位を決定するCOB-Identifierは、機能コードとノード番号から作成されます。

ノード番号は、各ユーザーに一意に割り当てられます。ロータリーエンコーダーでは、この番号は接続キャップの数値コード化されたターンスイッチによって割り当てられます。機能コードは、送信されるメッセージのタイプによって異なります。

*管理メッセージ(LMT、NMT)
*サービスデータオブジェクト(SDO)
*プロセスデータオブジェクト(PDO)
*事前定義されたメッセージ(同期、緊急メッセージ)

PDO(プロセスデータオブジェクト)は、リアルタイムのデータ交換に必要です。このメッセージには高い優先順位があるため、機能コード、したがって識別子は低くなります。 SDO(サービスデータオブジェクト)は、バスノードの構成(デバイスパラメーターの転送など)に必要です。これらのメッセージテレグラムは非周期的に(通常はネットワークの電源投入時のみ)転送されるため、優先度は低くなります。

-CANopenインターフェース付きエンコーダー

CANopenインターフェースを備えたロータリーエンコーダーは、すべてのCANopen機能をサポートしています。次の動作モードをプログラムできます。

*ポーリングモード:位置の値は、要求があった場合にのみ提供されます。 
*周期モード:位置の値は周期的に(間隔調整可能に)バスに書き込まれます 
*同期モード:ホストが同期メッセージを受信した後、エンコーダーは現在のプロセス値で応答します。各同期メッセージの後にノードが応答する必要がない場合は、パラメーター同期カウンターをプログラムして、再応答する前に特定の数の同期メッセージをスキップすることができます。
*状態モードの変更:変更時に位置の値が転送されます。

その他の機能(回転方向、解像度など)はパラメーター化できます。ロータリーエンコーダーは、エンコーダーのクラス2プロファイル(DSP 406)に対応しており、CANopenインターフェイスを備えたロータリーエンコーダーの特性が定義されています。バスへのリンクは、接続キャップの端子ブロックによって行われます。また、ノード番号とボーレートはターンスイッチで設定します。構成とパラメーター化のために、さまざまなプロバイダーからさまざまなソフトウェアツールを入手できます。提供されているEDSファイル(電子データシート)を使用して、簡単なラインナップとプログラミングが可能です。


DeviceNet

このCANプロトコルは主にAllan Bradleyで使用されています。プロトコル構造により、ユーザーの最大数は64に制限されています。最大データ転送速度は500 kBaudです。通信はメッセージテレグラムでも行われます(11ビットの識別子とそれに続く8バイト)。

CAN-IDメッセージヘッダーメッセージ本文11 BIt 1 Byte 7 Byte DeviceNetプロトコルは、接続のシステムに基づいています。デバイスと情報を交換するには、最初に接続を確立する必要があります。 CAN識別子は、この接続の特性評価に使用されます。

-DeviceNetインターフェース付きエンコーダー

DeviceNetインターフェイスを備えたロータリーエンコーダーは、すべてのDeviceNet機能をサポートします。以下の操作モードをプログラムできます。

*ポーリングモード:位置の値は、要求があった場合にのみ提供されます。
*周期モード:位置の値は周期的に(間隔調整可能に)バスに書き込まれます
*状態モードの変更:変更時に位置の値が転送されます。

回転方向、分解能、プリセット値などの追加パラメータもプログラム可能です。ノード番号とボーレートの調整は、ターンスイッチを使用して接続キャップで行われます。提供されているEDSファイル(エレクトロニクスデータシート)と一般的な構成ツールを使用すると、簡単なプログラミングと構成が可能です。

INTERBUSは、Phoenix Contact社によって開発されました。この仕様は1987年以来人気があり、INTERBUSコンポーネントは200以上のメーカーから入手できます。 INTERBUSは、1つのマスターと複数のスレーブを備えた高速でユニバーサルなオープンセンサー/アクチュエータバスシステムです。データ転送速度とバスの拡張は、互いに独立しています。総データ伝送速度は500kBit / sで、正味のデータ伝送速度は300kBit / sです。光ファイバーケーブルを使用する特殊なアプリケーションでは、2Mbit / sのデータ転送速度が可能です。ユーザー数は512に制限されています。

構造
INTERBUSシステムはリング構造に準拠しています。バス接続には、システムの一方向に沿ったコンパクトなストランドが使用されます。マスター(PLCまたはIPC)から始めて、バスシステムはそれぞれの制御またはコンピューターシステムを周辺機器の入力および出力モジュールに接続します。システムのメインラインはリモートバスと呼ばれ、周辺ステーション間の距離を最大12.8 kmブリッジします。リモートバスから、支線が可能です。これらの分岐は、インストールリモートバスまたはローカルバスのいずれかです。

データ転送は、「合計フレームワークプロトコルを備えたシフトレジスタ」を使用して行われます(データサイクルでは、すべてのデータがリングを介してシフトされます)。

特徴

伝送技術: 

標準:リング構造のため、RS 485、8芯ケーブル

ループ:2芯ケーブル、供給電圧の変調信号

LWL:光ファイバーケーブル
ボーレート: 

INTERBUS S:最大500 kBaud

Loop2:最大500 kBaud

INTERBUS LWL:最大2 MBaud
参加者: 

最大512

ループ:最大。バスクランプあたり63
ケーブルの長さ:

INTERBUS S:最大12.8 km(リモートバス)

ループ:最大。ループあたり200m、参加者間20m

INTERBUS LWL:最大。信号処理なしの参加者間の40 m

INTERBUS-インターフェース付きエンコーダ
アブソリュートロータリーエンコーダーはリモートバスユーザーです。個々のユーザーは、インストール用リモートバスケーブルで接続されています。このケーブルは、マスターからのバスラインとリターンラインの両方を伝送します。ロータリーエンコーダとバス間の接続は、2つの9ピンコネクタ(オスとメス)によって行われます。個々のユーザーのアドレスはバス上の物理的な位置によって与えられるため、アドレスの割り当ては必要ありません。投影とパラメータ設定は、たとえばINTERBUS CMDソフトウェアまたはPC Worksを使用して行うことができます。

エンコーダプロファイル
異なるメーカーの端末間の円滑なデータ転送を保証するために、ユーザーグループENCOMによって3つのプロファイルが規制されています。

プロファイルK1:プログラムできない16ビットプロセスデータ
プロファイルK2:プログラムできない32ビットプロセスデータ
プロファイルK3:プログラム可能な32ビットプロセスデータ

ロータリーエンコーダは、K1、K2、K3で提供されます。

INTERBUSループ2
単一のセンサーとアクチュエーターを経済的な方法で接続するために、さまざまな一般的な動作条件に適合した伝送技術が開発されました。これはINTERBUSループと呼ばれます。 INTERBUSループは、単純な2芯のシールドされていないケーブルで端末をリングに接続します。これら2つのコアを使用して、データ情報と電圧供給が同時に提供されます。データ通信は、負荷に依存しない電流信号の形で行われます。この方法により、INTERBUSループは干渉に強くなり、シールドケーブルは不要になります。INTERBUSループとINTERBUSリモートバスの結合は、特別なバスクランプによって行われます。 63のINTERBUSループ参加者は、バスクランプごとに接続できます。 INTERBUSループの後継であるINTERBUSループ2には、統合されたレポートと診断マネージャーが含まれており、ループ内のユーザー間の距離を広げることができます。最大個々の端子間の距離は最大20 mです。ループ長200 m。

INTERBUS LWL
高いノイズ耐性または高いデータ伝送速度を要求するアプリケーションでは、従来の伝送メディアの代わりに光ファイバーケーブルを利用できます。 SUPI 3 OPC(光学プロトコルチップ)は、これらの要求に使用されます。 LWLトランスミッターの距離診断と光パワー調整を可能にします。光ファイバーケーブルは、バスクランプで既存のINTERBUSネットワークに簡単に接続できます。このシステムの利点は、高いノイズ耐性と最大2 MBit / sのデータ伝送速度です。

カウント方向 
シャフトを時計回りに回すと(シャフト側から見て)、出力値は増加または減少します。

解像度/革命
パラメータ解像度は、1回転あたりの必要なステップ数をプログラムするために使用されます。必要な解像度は、ハードウェアの解像度を超えてはなりません。

総解像度
このパラメータは、測定範囲全体で必要な測定単位数をプログラムするために使用されます。この値は、アブソリュートロータリーエンコーダの物理的分解能の合計を超えてはなりません。 4096未満の回転数は、「解像度/回転数」と「合計解像度」のパラメーターの組み合わせでプログラム可能です。

ギアリングファクター
ギアリング係数は、物理的な測定ステップごとに必要な測定ステップを入力することで直接調整できます。これにより、非常に低い解像度(<1 /回転)をプログラムできます。

プリセット
プリセット値は、軸の特定の物理的な位置の、希望する位置の値です。実際の位置の値は、このパラメーターによって目的の位置の値に設定されます。

で教えます
装置の試運転段階では、特別なモードを利用できます。これにより、エンコーダーがデータを転送している間にパラメーターを変更できます。連続運転では、パラメータが意図しない変更から保護される別のモードが利用可能です。

速度
シャフトの速度が表示されます。部分的に表示速度の基準を選択できます。 (例えば、回転/分)。

ソフトウェアリミットスイッチ機能:
位置の値がこれらの制限を超えるか下回ると、出力ワードのビットが設定されます。

ゼロ点変位
入力した値でゼロ点がずれます。 (プリセット値の設定はゼロ点変位にも影響します)

jaJapanese
Chat with us
Chat with us
Questions, doubts, issues? We're here to help you!
Connecting...
Have you got question? Write to us!
Have you got question? Write to us!
:
:
:
Have you got question? Write to us!
:
:
This chat session has ended
Was this conversation useful? Vote this chat session.
Good Bad